ショップ「カフェ・ティモール」

東ティモールとのつながり

 

2005年7月に、日本カトリック司教協議会東ティモールデスク(2006年4月で終了)の徳 恵利子さんをお迎えし、東ティモールでの活動の様子を講演してもらいました。 外国の支配から独立を勝ち取り、歩み始めたばかりの小さな国東ティモールは、各国の様々な援助を受けました。 けれども未来を見据えたほんとうの援助がどうあるべきか考えさせられました。 そして自立への働きかけ、人々とずっと繋がっていく事の大切さを、彼女の姿勢から学ぶ事ができました。 私たちも、日本にいて出来る支援をと考え、アジア太平洋資料センター *PARC というNPO団体の取り組みを知り、2005年9月より東ティモールで唯一の輸出産業として生産しているコーヒー支援に協力しています。 飲み続けることで見えてくる人々との繋がりの輪が少しずつ広がっていくことを願っています。

::*PARC の民際協力事業は、2008年4月より PARCIC(パルシック)と名前を変え活動しています。 PARCIC=PARC Interpeoples’Cooperationは、地球の各地で暮らす人と人が、国家の壁を越えて助けあい、支えあい、人間的で対等な関係を築くことを目指して活動するNGOです。

:

『カフェ・ティモール』活動記録

2008年9月21日(日)(クリック)

:

東ティモールコーヒー支援ショップ 『カフェ・ティモール』のご案内

★農薬も化学肥料も使わない自然栽培の有機『カフェ・ティモール』コーヒーは、フェアートレード商品です。 
 焙煎は日本でしています。 

 『カフェ・ティモール』
コーヒーを飲んで、コーヒー生産者の自立支援にご協力お願いします。

 『カフェ・ティモール』コーヒー・・・200g 550円 第3日曜ミサの後販売

:

パルシックから皆さまへ

◆ コーヒーを飲むという支援のかたち

特別非営利活動法人パルシックは、東ティモールを支援するNGOです。私たちは標高1,500mの高地で一粒ひとつぶていねいに栽培・加工されたコーヒー豆を生産者より適正価格で買い取り、日本の皆様にご購入いただくフェアートレードに取り組んでいます。   コーヒーを購入していただくことで、東ティモールの人々が貧困から立ち上がるための支援につながります。    

◆ 『カフェ・ティモール』の美味しさ

熱帯高地の昼夜の寒暖差はコーヒー栽培に最適で、深い甘味のあるコーヒーの実を有機栽培で育てます。 赤い完熟豆のみを手摘みし、加工することで、美味しいコーヒーができあがります。 ほどよい苦みとコクのコーヒーをぜひご家庭や職場でお楽しみ下さい。

◆ 有機認証を取得しました

有機農産物として、日本農林規格登録認定機関から認定されました。 もともと農薬も化学肥料も使われていない東ティモールのコーヒーですが、JAS認証の基準をクリアしたことにより、地球にも身体にもやさしいオーガニックコーヒーとしてお届けできるようになりました。 

 

スリランカのフェアートレード・オーガニック「ウバ紅茶」も同時販売中!
 (リーフ/ティーバック)1袋 600円
 
 ウバ州のグリーンフイールド紅茶園(1,300から1,500mの高地)で育てられた高地高級茶ハイグロウンティは、農薬も化学肥料も使用しないで栽培してるので、渋みがなくまろやかな味わいと、ほのかに甘い香り(ウバフレーバー)が特徴です。 

特定非営利活動法人 パルシック

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1‐7‐11東洋ビル3F

TEL 03-3253-8990  FAX 03-5209-3453

Mail fairtrade@parcic.org

Web http://parcic.org

 

東ティモール支援グループ


活動 へ戻る

カトリック千里ニュータウン教会 へ戻る