2017年2月5日  年間第5主日

主日A年 週日第1周年

マタイによる聖福音

 そのとき、イエスは弟子たちに言われた。 「あなたがたは地の塩である。 だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。 もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。 あなたがたは世の光である。 山の上にある町は、隠れることができない。 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。 燭台の上に置く。 そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。 人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」
(マタイ 5:13-16)

 

(mp3: 13分17秒)
右向き三角ボタンをクリックしますと再生が始まります。

 

第1朗読 

主は言われる。 
わたしの選ぶ断食とは、飢えた人にあなたのパンを裂き与え
さまよう貧しい人を家に招き入れ
裸の人に会えば衣を着せかけ
同胞に助けを惜しまないこと。
そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で
あなたの傷は速やかにいやされる。 あなたの正義があなたを先導し
主の栄光があなたのしんがりを守る。
あなたが呼べば主は答え
あなたが叫べば
「わたしはここにいる」と言われる。 軛を負わすこと、指をさすこと
呪いの言葉をはくことを
あなたの中から取り去るなら
飢えている人に心を配り
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたの光は、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。
(イザヤ 58:7-10)

 

第2朗読 

 兄弟たち、わたしはそちらに行ったとき、再びあなたがたを悲しませるようなことはすまい、と決心しました。  もしあなたがたを悲しませるとすれば、わたしが悲しませる人以外のいったいだれが、わたしを喜ばせてくれるでしょう。 あのようなことを書いたのは、そちらに行って、喜ばせてもらえるはずの人たちから悲しい思いをさせられたくなかったからです。 わたしの喜びはあなたがたすべての喜びでもあると、あなたがた一同について確信しているからです。 わたしは、悩みと愁いに満ちた心で、涙ながらに手紙を書きました。 あなたがたを悲しませるためではなく、わたしがあなたがたに対してあふれるほど抱いている愛を知ってもらうためでした。 悲しみの原因となった人がいれば、その人はわたしを悲しませたのではなく、大げさな表現は控えますが、あなたがたすべてをある程度悲しませたのです。
(一コリント 2:1-5)

福音講話 へ戻る:

カトリック千里ニュータウン教会 へ戻る